企業情報

  • 企業情報
  • 技術 / 製品 とその用途
株式会社SCREENホールディングス(ライフサイエンス事業室)

事業内容

SCREENグループは、明治元年に京都で創業した石版印刷業の石田旭山印刷所をルーツとしています。1934年、写真製版用ガラススクリーンの国産化に成功し、研究開発型企業としての一步を踏み出しました。当社の社名は、このガラススクリーンに由来しています。

以来、常に時代のニーズに応えつつ、半導体やディスプレイをはじめとするエレクトロニクス業界、印刷業界など、最先端のソリューションで新たな分野を切り拓き、数々の世界トップシェア製品を有するグローバル企業として成長を続けています。また、長年にわたり培ってきた「表面処理」「直接描画」「画像処理」の3つのコア技術を基軸に、新規事業の創出に向けた技術の融合と応用展開に取り組んでいます。

​​ライフサイエンス事業は、画像処理技術を応用した高速3D細胞スキャナーや細胞形態解析イメージングシステムは、検査試薬なしで細胞の増殖や形態の変化を高速に計測・分析。がんの創薬研究、再生医療研究のスピードアップに貢献していきます。

設立年月日

1943 年

従業員数

6,074 人

資本金

5,400,000 万円

年間売上高

32,320,000 万円