技術詳細

株式会社シェルター

所在地

山形市松栄,1-5-13

ホームページ

https://www.shelter.jp/

木造の高層ビル・大規模施設を可能にした木質耐火部材 “COOL WOOD” 

株式会社シェルター
用途
耐火性能が要求される建築物の部材として使用
解決できる課題
高層ビルや大型の建築物を木造で建設できます
非金属製造・加工
公開日
2021/06/02
最終更新日
2021/06/02

PV

41

興味あり

0

質問

0

詳細説明

木質耐火部材”COOL WOOD”耐火性能試験山形県南陽市文化会館

製品・サービスの特長


◇高層の木造ビル・大規模な木造施設を実現できる木質耐火部材です。

◇国内初の3時間耐火大臣認定を取得しました。

◇製材、集成材、CLT等で製造でき、全国各地での生産・加工・供給が可能です。

◇樹種の制限がなく、地域産木材を活用できます。

◇都市部に木造建築を可能とし、「木造都市®」づくりを促進します。

製品・サービスの詳細


建物を作る際、地域・規模に応じて建築基準法によって定められた防耐火性能が求められます。
COOL WOOD®(クールウッド)を使用することで、鉄筋コンクリート造や鉄骨造で建てていた中高層ビルや大規模施設が木造で建築できます。

COOL WOODは、燃え止まり層に石こうボードを使用した木質耐火部材です。
加工しやすく、デザインやコストに合わせて様々な木材で製造可能です。
柱や梁の外観は木質のため、木の温もりを活かした建物に仕上げることができます。

【三重構造で高い耐火性能を実現】
1.内部の「荷重支持部」は木材を使用
2.中間部の「燃え止まり層」は石こうボードを使用
3.「表面材」は木材を使用(柱・梁)

【取得認定】
◎1時間耐火構造仕様(柱・梁・外壁)
◎2時間耐火構造仕様(柱・梁・間仕切壁・外壁・床)
◎3時間耐火構造仕様(柱・梁)

採用実績


世界最大の木造コンサートホール「山形県南陽市文化会館」、日本初の純木造7階建て「髙惣木工ビル」、木造ハイブリッド5階建て庁舎「山口県長門市庁舎」、木造商業施設「Gビル自由が丘01 B館」、「ミナカ小田原」他

リンク


株式会社シェルター COOL WOODサイト

https://www.shelter.jp/technical/coolwood