技術詳細

日本プレート精工株式会社

所在地

栗東市出庭478-5

ホームページ

https://nps1.jp/

ファイバーレーザー溶接機

日本プレート精工株式会社
金属製造・金属製品製造
公開日
2021/06/29
最終更新日
2021/06/29

PV

33

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要:今までTIG溶接で加工していたものをファイバーレーザー溶接機に置き換えることで圧倒的な低ひずみとコストダウンできる技術

 例えばステンレスを溶接した場合、焼け取りなどの後工程や歪み除去をする必要がほとんど無くなります。また、TIGなどとは比較にならないスピードでの溶接が可能なので、トータルでかなりの作業時間短縮が出来ます。


1)これまでの課題

・自社のファイバーレーザー溶接は、半導体分野や食品分野、ロボット分野、医療分野などで溶接の革命が可能。

特にステンレスやアルミの溶接にてファイバーレーザー溶接機の歪み低減効果とコストダウン効果が高い。



2)技術の特長

・1000Wと高出力により、アルミの溶接も可能。さらにハンディタイプなので少量生産にも対応。

弊社のファイバーレーザー溶接機は1000Wと出力が高く、アルミで板厚3ミリまで溶接が可能。

微細な溶接が可能になるため、今までTIGでは溶接が出来なかったアルミの板厚1ミリも可能。軽量で無くてはならないロボットのカバーなどにも応用可能。

ステンレスも板厚4ミリ程度まで可能なので、TIGで溶接していたものを置き換えることが可能。


3)技術適用による効果

・ファイバーレーザー溶接機により、作業時間短縮ができる。

 歪取り工程削減、溶接焼け除去などの後工程削減

・ファイバーレーザー溶接機、大幅な納期短縮が可能になる。

 溶接スピードがTIGの数倍となります。

 


4)製造体制

 ファイバーレーザー溶接機とTIG及び半自動溶接を組み合わせることで製品に適した溶接方法で加工します。

TIG及び半自動溶接は有資格者にて作業いたします。