技術詳細

株式会社Epsilon Molecular Engineering

所在地

埼玉県さいたま市桜区下大久保255

ホームページ

https://www.epsilon-mol.co.jp/

The Month:VHHを基盤とした新世代バイオ医薬品の迅速スクリーニング技術

株式会社Epsilon Molecular Engineering
各種技術サービス、学術・研究
公開日
2021/09/07
最終更新日
2021/09/07

PV

11

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要

【ヒト化VHHライブラリ『PharmaLogicalライブラリ』と、当社独自のハイスループットスクリーニング(HTS)プラットフォーム】を【活用】することにより、【次世代抗体VHHを基盤とした新規バイオ医薬開発候補品を製薬企業様に提供】できる技術

技術の特長

・【『PharmaLogicalライブラリ』とHTSプラットフォーム】により、【新しいMOAのヒト化VHH抗体医薬の創出】が可能。

・【『PharmaLogicalライブラリ』とHTSプラットフォーム】により、【IgG抗体の取得困難な標的分子に対して結合性VHHを多く取得し、それらの多価化、最適化による新規バイオ医薬品開発】が可能。

これまでの課題

自社の【HTSプラットフォームを用いて『PharmaLogicalライブラリ』より取得した次世代抗体VHH候補】は、【医療】で【有効な治療方法が確立していない疾患】を解決する。

技術適用による効果

・【10の13~14乗の配列多様性を持つヒト化VHHライブラリ『PharmaLogicalライブラリ』から、1~2カ月で標的親和性VHHを同定する。一連の工程は、動物免疫のプロセスは無くすべて試験管内で行われること】により、【開発に掛かる時間と費用の】が削減できる。

・【自社技術】により、【抗原毒性の問題をなくすこと】が可能になる。

提供方法

【ライセンスアウト/材料/デバイス/製品/ソリューション/その他】
その他

実績

解決実績:【業界・分野】に適用され、【課題】を解決。

今後導入を見込んでいる業界:【製薬、診断薬、化成品】