技術詳細

双葉電子工業株式会社

所在地

茂原市大芝629

ホームページ

http://www.futaba.co.jp/

やわらかい質感を持つ静電容量式圧力センサ(HMI)

双葉電子工業株式会社
用途
自動車
解決できる課題
内装デザインとの調和を保ったデザイン性の高いHMIの実現
電子部品、モジュール
公開日
2021/10/05
最終更新日
2021/11/30

PV

130

興味あり

0

質問

0

詳細説明

全体像感触

概要: 

静電センサとフォーム材を組み合わせることで、感触のやわらかい静電容量式圧力センサを実現しました。 


1)背景

・自動車内装の高級感を演出するため、革素材が多く採用されている  

・これまでセンターコンソールへタッチ機能付き表示ユニットを採用する事例があったが、近年ではダッシュボードやアームレストなど、これまで表示ユニットがなかった場所へも採用する動きがある  


2)課題 

 課題1:やわらかさの維持と機能の実装の両立  

アームレストなどのやわらかい部位にタッチ機能付き表示ユニットを採用したいが、触感が硬く、快適性が損なわれる  

課題2:他内装との調和  

既存の表示ユニットの表面はガラスや樹脂であり、革や布などの他内装と一体感が乏しく、内装のデザイン性を損なう問題がある  


3)技術の特長 

・柔らかい質感の静電容量式圧力センサによって、快適性及び他内装との調和を損なわない 

・これまでの操作に押し込みが追加されることで、押し込み操作とジェスチャー操作が可能  


4)技術適用による効果 

・アームレストなどのやわらかさ、デザインを損なうことなく機能を追加できる  

・押し込み操作を利用することで、意図しない接触での動作を防止できる 

・アームレストなどへ採用することで、シームレスなデザインを実現でき、操作をより快適にできる 


5)提供方法 

 提供方法:デバイス/製品/ソリューション 


6)解決・導入実績と見込み 

 今後導入を見込んでいる業界:自動車(HMI) 


6)公開情報

・特許:出願中