技術詳細

株式会社シンクリP・A

株式会社シンクリP・A

所在地

川崎市高津区諏訪1-23-18-104

ホームページ

http://www.shincri-pa.com/company/

リバースエンジニアリングからの高精度CADデータ作成

株式会社シンクリP・A
用途
他CADからの出力データの簡素化及び円滑化
解決できる課題
面、線などが微細になるところを、円滑に修正しなおすことも可能。
各種技術サービス、学術・研究
公開日
2021/10/01
最終更新日
2021/10/01

PV

35

興味あり

0

質問

0

詳細説明

CAD作成の事例:自転車ライト

概要:リバースエンジニアリングによる、3D CADデータの作成

1)これまでの課題

・自社の3D CAD技術は、樹脂製品や部品の設計コンセプトに沿った検討やモデリングに適用していた。

  自動車部品の設計で培ったノウハウで、形状の再現化することで、新規加工際の工期削減することができる。

2)技術の特長

・ただ再現するCADデータでなく、仕様目的に沿った精度に仕上げることで、

 切削加工用や、CAE用のデータなど様々な用途に転用が可能。

3)技術適用による効果

・新規で作成する工期、工数の削減が可能。

・追加工ができるように、データ精度を自在に変更が可能になる。

 

4)開発体制

・ ISO9001に準拠した開発体制で取り組んでおります。

 

5)提供方法

 提供方法:再現する実物/STLデータ

 

6)解決・導入実績と見込み

 解決実績:図面と実物金型から、3D CADデータに再現。後工程の切削加工に転用。

 今後導入を見込んでいる業界:【電気/電子部品・医療用治具】

 

7)公開情報

・特許

・論文

・学会

・その他

====