技術詳細

株式会社クレハ

所在地

中央区日本橋浜町3-3-2

ホームページ

https://www.kureha.co.jp/

成形加工性(射出成形、押出成形)に優れた透明フッ素樹脂

株式会社クレハ
用途
耐候性フィルム、防音壁、薬液タンク用のぞき窓、難燃部材
解決できる課題
耐候性や耐薬品性、難燃性が求められるような過酷な条件下でも長期間使用可能な透明材料。射出成形や押出成形が可能。
化学
公開日
2022/01/26
最終更新日
2022/03/04

PV

158

興味あり

0

質問

0

詳細説明

1)透明フッ素樹脂

『クレハKFポリマー』は、1970年に当社が日本で最初に工業生産を開始したフッ化ビニリデン樹脂(PVDF)です。

フッ素樹脂としての優れた性質と汎用樹脂並みの成形加工性を持つバランスのとれたエンジニアリング・プラスチックで、耐熱・耐食・耐候分野を中心に電子材料や釣糸・ギター弦・バイオリン弦などさまざまな分野に使われてきました。

クレハは、お客様のニーズにお応えするために結晶性を維持したまま透明性を有するフッ素樹脂(PVDF)を開発いたしました。この透明フッ素樹脂は機械強度、ガスバリア性、成形性に優れた樹脂素材として、これまでのフッ素樹脂では実現できなかった用途をご提案することが可能です。


2)特長

・他のフッ素樹脂と比べて、成型加工性(射出成型、押出成型)に優れます。

・汎用樹脂等と比較して、耐熱性、耐候性に優れており、紫外線、放射線に対しても安定です。

・他のフッ素樹脂と比べて、機械的強度が大きく、耐衝撃性にも優れます。

・通常のPVDFと比較して透明性に優れ、ガラスや透明プラスチックの代替として使用可能です。


3)技術適用による効果

・屋根や外壁などの建材、標識や防音壁など道路資材に使用されるガラスおよび保護フィルムの代替として、軽量化やデザイン性、耐久性の向上が期待できます。

・建機や工事現場機器類のガラス、化学プラント配管やタンクの覗き窓に使用することで、視認性や安全性の向上が期待できます。

難燃性に優れており、難燃性が求められる電気電子、建築、輸送の分野での利活用が期待できます。

・フッ素樹脂でありながら、汎用プラスチック並みの成形性。フィルム、シート、チューブ、パイプなどへの成形が可能です。


4)性能

 全光線透過率(厚み1mm):89 %

 引張弾性率:1200 MPa

 Izod衝撃強度:400 J/m

 誘電率(1 kHz):9

 難燃性(UL94):V-0相当

本データは参考値であり、物性値を保証するものではありません。


5)お問い合わせ先

・社名:株式会社クレハ

・webサイト:https://www.kureha.co.jp/

・お問合せフォーム:https://www.kureha.co.jp/contact/kfpolymer.html

・電話番号:03-3249-4656

・担当:フッ素製品部 宮下

・お問い合わせ方法:弊社webサイトのお問い合わせフォームまたは上記電話番号まで