技術詳細

SiB株式会社

所在地

港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル6階

ホームページ

http://sib.jp.net/

技能伝承・教育でお困りの方に。人の視線を可視化する「アイトラッキングソリューション」

SiB株式会社
用途
目視検査・安全管理等のヒューマンエラー防止
解決できる課題
目視検査における不具合流出を減少
用途
技能伝承・教育
解決できる課題
技能伝承における手間と時間を短縮。動画マニュアルの作成が可能
用途/解決できる課題 (+1)
各種技術サービス、学術・研究
機械部品、機械
IT、ソフト・システム開発
公開日
2022/01/13
最終更新日
2022/01/13

PV

38

興味あり

0

質問

0

詳細説明

Eye Tracking Core+

概要:製造業における技能伝承・教育を改善できる製品

人の視線を可視化することで目視検査等のヒューマンエラーの防止や新人とベテランの視線を見直すことで作業効率の改善、動画マニュアルの作成が行えるようになる


1)これまでの課題

・技能伝承、新人教育においてかなりの時間と手間がかかる

人材の入れ替わりが激しい製造業において技能伝承と新人教育の手間は現代まで変わることなくかかってしまう。アイトラッキングソリューションではベテランの匠の技を可視化することで従業員の作業水準を向上させ、人材不足における教育の懸念が解消される。

・遠隔地の技術指導において、人件費や出張費がかさんでしまう

アイトラッキングソリューションは遠隔における相互通信が可能となっており、危険地帯や遠隔地の作業員がアイトラッカーを装着することで、ベテランが遠隔で指示を出すことが出来る。

また視線の可視化により作業員も同一の視線を共有しているため、具体的なサポートが遠隔で行える。


2)製品・装置の特長

・【Eye Tracking Core+】には技能伝承の促進及び、商品力・品質の向上効果がある

これまで創意工夫を行い技能伝承を行っていたことが、Eye Tracking Core+1台ですべて解決できる製品。

ベテラン不在における生産ラインの低下、社会情勢によるマンツーマン教育への懸念等、現代の問題にも対応したソリューション製品となっている。

・弊社製品強み

1.持ち運びに便利

専用の端末レコーダーと接続できるため作業中の妨げにならない

2.すべて日本語対応でありサポートが充実

導入前の相談から納品後のサポートまですべて一貫して行っているため、細かなレクチャーもオンラインで解決可能

3.キャリブレーションの容易さ

キャリブレーションと呼ばれる視線の修正を行う作業が最短1秒で行えます。正確性も高いので作業現場で手間がかからず使用できる


3)製品・装置使用による効果

1.目視検査におけるヒューマンエラー防止

2.コロナ禍における遠隔での技術指導が可能

3.社内評価の基準、マニュアルの作成が容易に


4)スペック

※該当項目のみご記入ください。

 製品名称:Eye Tracking Core+

 本体重量:39g

 サンプリングレート:30,60,90,120Hz

 キャリブレーション:0,1,3ポイントの3種類

 視野角:横81° 縦51°

 注視点精度:0.5°

 連続記録時間:2時間

 解像度:1,280×960p 15fps

     1,280×720p 30fps

     800×600p 30fps

 対応言語:日本語,英語,中国語

 その他:納品期間は注文から最大2ヵ月

     VRや脳波、モーションキャプチャー等と連携をとることも可能



5)解決・導入実績と見込み

 1.目視検査におけるヒューマンエラー防止の目的で導入

→不具合流出率が2ヵ月で74%の減少を達成。

2.海外拠点への技術指導がコロナ禍において出来なくなった

→海外拠点にアイトラッカーを送り、作業員にかけていただくことで遠隔支援を行うことが出来るようになり、製品の品質を保つことが可能になった。

3.某部品メーカーが品質管理のエビデンスとして活用

→企業の信頼が高まり、大手自動車メーカーから引き合いが発生した。


6)公開情報

・「新価値創造展2019」新価値創造賞特別賞を受賞

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCNjieXOBES8EFnR64gkxWCQ