技術詳細

日揮ユニバーサル株式会社

日揮ユニバーサル株式会社

所在地

品川区大崎1丁目6番3号(日精ビル8階)

ホームページ

https://www.n-u.co.jp/jp/

有害なオゾンを無害な酸素に分解する触媒

日揮ユニバーサル株式会社
化学
公開日
2022/02/24
最終更新日
2022/03/02

PV

96

興味あり

0

質問

0

詳細説明

オゾン分解触媒外観オゾン分解機構

1.課題

 装置等から発生するオゾンは強い酸化力を持ち反応性が高い物質であることから、人体に影響を及ぼします。

 有害なオゾンを触媒を用いて酸素に分解し、無害化します。

2.特徴

 常温でオゾンを分解します。

 ハニカム構造体を採用することにより、触媒性能と圧力損失の相反する問題を解決し、

 高性能&低圧損を両立しております。

 また、難燃性はUL94のV-0グレードになります。

3.反応機構

 オゾンを高効率で酸素へと分解し、無害化します。

 Step1:  O3 + M(触媒) → M-O + O2
 Step2:  M-O + O3 → M + 2O2

 酸化・還元サイクルにより、触媒は長時間使用可能

4.用途

 装置から発生するオゾン分解、オゾンを用いた脱臭

 使用例:コピー機、プリンター、冷蔵庫、エアコン、空気清浄機、

     トイレ脱臭、液晶、半導体、表面処理、航空機

5.形状

■金属ハニカム

 サイズ: 任意のサイズに対応

 セル密度: 500 cells/inch2 以上

 材質: 金属ハニカム、金属酸化物等

 その他: 難燃性グレード UL94 V-0

■セラミックハニカム

 サイズ: 任意のサイズに対応

 セル密度: 80~500 cells/inch2

 材質: セラミックハニカム、金属酸化物等

 その他: 不燃性(無機物質から構成されています)

弊社HP:https://www.n-u.co.jp/jp/products/lineup/ozonereduction/