技術詳細

株式会社アイディック3D

株式会社アイディック3D

所在地

名古屋市天白区原3丁目304番地1

ホームページ

https://www.i-deak.jp

【医療機器】インフルエンザなどの検査装置

株式会社アイディック3D
用途
医療機器などの筐体、機構設計
解決できる課題
オートローディングによりワンタッチ操作
医療・バイオ
各種技術サービス、学術・研究
電子部品、モジュール
公開日
2022/10/18
最終更新日
2022/10/24

PV

54

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要:医療機器などの製品開発を行っています。


意匠や筐体の設計は勿論、モーターやソレノイド、カムやギヤを使った機構設計でも評価を頂いています。




1)サービスの事例

★定量リーダー

検体に含まれた微量なタンパク質を検査する装置で、尿や唾液で簡単に検査できます。

カートリッジに唾液や尿を滴下して、検体と蛍光シリカナノ粒子の反応を光学的に見ることで、
様々なタンパク質の変化を判定します。

トレイでカートリッジ引き込むオートローディングとすることで、ワンタッチ操作で検査が可能です。



2)定量リーダー詳細

■導入に至った背景

鉄分などの検査は血液採取が一般的で、簡単に検査出来れば有効です。

この装置は、 蛍光シリカナノ粒子 の反応を利用した検査装置で、カートリッジに検体を滴下することで、光学的に検査が可能になります。

同様の装置もありますが、検体が付着したカートリッジの装填が手動でのため、利便性に問題がありました。


■解決策

カートリッジの引き込み用に専用トレイを設け、そのトレイをモーターで引き込むオートローディング機構を採用しました。

また複数あるカートリッジへの対応は、それぞれ専用のトレイに置き換えることで、誤挿入の防止を行っています。


■効果
カートリッジの装填から、読取り、排出を、1ボタンで行うことができ、
カートリッジや装置に触れる回数と検査時間の短縮が図れました。


3)弊社で対応した業務

弊社では、メーカー様からデザイン図を頂き、外装のモデリング、内部機構の設計、試作評価、および金型データの作成と金型手配までを行いました。

3Dモデリング・・・3次元CAD Solidworks

機構、筐体設計・・・・3次元CAD Solidworks


試作(樹脂、板金、歯車、バネ等)

金型製作