技術詳細

株式会社アイディック3D

株式会社アイディック3D

所在地

名古屋市天白区原3丁目304番地1

ホームページ

https://www.i-deak.jp

【介護機器】リハビリ用歩行器

株式会社アイディック3D
用途
”どうやって製品化していいか、わからない”そんなご要望にお応えします
解決できる課題
イメージや簡単なスケッチからでも、製品化のお手伝いをします
各種技術サービス、学術・研究
医療・バイオ
機械部品、機械
公開日
2022/10/18
最終更新日
2022/10/20

PV

42

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要:介護機器の設計、製作を行っています。

接骨院様との共同開発で、接骨院様からイメージを頂き、デザイン提案、機構の構想設計、そして数台の製作をさせて頂きました。

”イメージはあるけど、どうやって製品化するのかわからない”

そんなご要望にお応えします。



1)サービスの事例


★リハビリ用歩行器


歩行機能回復のためのリハビリ用歩行器です。


接骨院様との共同開発で、「歩行は上肢と下肢の連動動作である」という思想に基づき製作しました。


上腕の揺動動作をハンドルで回転動作に変えて、歩行器の前輪を駆動するものです。



2)リハビリ用歩行器の詳細

■導入に至った背景

ある接骨院様より、『イメージだけあるのだが、これを製品化できないか』
と連絡を頂きました。

『一般的な歩行器は、ゲージにしっかりと掴りながら押すものがほとんどだが、
上肢も含めた連動を取り入ることで、より早い回復が得られる』との考えを基に着手しました。

■解決策
腕の揺動動作をリンクにより回転運動に変換し、歩行器の前輪を駆動しています。
これにより歩行時には上肢の動きも必要になり、上肢と下肢の両方の歩行リハビリが行えます。


■効果
共同開発先の接骨院様で実際のリハビリに利用されました。
引き続き効果は検証中です。



3)弊社で対応した業務

・アイデア検討、患者様からのヒアリング

・構想設計、接骨院様との擦り合わせ

・3Dモデリング(Solidworks)、機構設計

・製作(アルミフレーム、溶接、タイミングベルト、クラッチ機構)