技術詳細

日揮ユニバーサル株式会社

日揮ユニバーサル株式会社

所在地

品川区大崎1丁目6番3号(日精ビル8階)

ホームページ

https://www.n-u.co.jp/jp/

アンモニアを分解し水素を生成する触媒(開発品)

日揮ユニバーサル株式会社
化学
公開日
2022/12/02
最終更新日
2022/12/02

PV

110

興味あり

0

質問

0

詳細説明

NH3分解触媒の性能評価結果の一例

アンモニアを分解し水素を生成する触媒(開発品)

■技術概要

 水素エネルギーキャリアとしてのアンモニアに注目が集まっています。

下記に示す触媒反応によりアンモニアを分解(改質)し水素を高効率に得ることが可能です。

NH3→ 1.5H2 + 0.5N2   ΔH = -46KJ/mol

■触媒概要

 Ru系触媒とNi系触媒の二種類があります。

Ru系触媒はより低温で反応性が高く高性能ですが貴金属価格の高騰により触媒コストが高い点が本触媒技術の普及を妨げるネックとなっています。

弊社では、本反応においてRuに次ぐ活性を示し安価なNi系触媒の開発改良に取り組んでいます。条件次第では500~600℃の温度で90%以上の転化率を得ることが可能です。

■用途

燃料電池向けの水素製造

水素ガスエンジンやタービンなどの発電装置