技術詳細

株式会社SCREENホールディングス

所在地

京都市上京区堀川通寺之内上る四丁目天神北町1番地の1

ホームページ

https://www.screen.co.jp

目視検査自動化 鋳鍛造部品 及び 回転対象部品(冷鍛)自動外観検査装置 Lulimoシリーズ

株式会社SCREENホールディングス
用途
クライアントとの品質基準の明確化
解決できる課題
装置での検出結果をもとに、クライアントと品質基準の線引きをする事でグレーな部分がなくなったため、結果的に基準緩和の方向で決着することができた。
用途
検査結果の見える化 
解決できる課題
欠陥基準書が存在しているにも関わらず、クライアントの担当者が変わることで品質基準が担当者の個人的な見解で厳しくなる事があった。しかし、欠陥基準書に基づいた検査感度を有する検査装置での検査結果を提示(見える化)する事で、過度な検査基準を要求されなくなった。
用途
欠陥見落とし防止
解決できる課題
人による目視検査は微細欠陥検出に注力してしまうがために重大欠陥を見落としてしまい、クライアントから信用低下につながると指摘された事があった。装置導入により、欠陥見落としで指摘された事は現時点で一度もない。
用途
作業者の負荷低減・人手不足解消
解決できる課題
重量ワーク検査による肉体的負担(特に女性)、微細欠陥検出による神経的負担を軽減することができ、量産にも対応する事ができた。また作業者の負荷低減は社内現場からだけではなく、クライアントからも評価された。
用途
コストメリット
解決できる課題
検査員人員削減、効率化
用途/解決できる課題 (+4)
機械部品、機械
公開日
2020/09/30
最終更新日
2020/10/14

PV

89

興味あり

0

質問

0

詳細説明

自動外観検査装置 Lulimo H C自動外観検査装置 Lulimo H 対象ワーク自動外観検査装置 Lulimo  C 対象ワーク

■技術の特長

目視検査の自動化ご検討の方へ 自動検査装置をご提案致します。

製品ホームページ https://www.lulimo.com/


鋳鍛造部品自動外観検査装置Lulimo(ルリモ)H

◎SCREEN独自のMulti Angle Multi Shotによりサイクルタイムで検出

◎搬送一体化の検査装置:ワーク投入 ⇒ 検査 ⇒ ワーク排出まで一元化

◎ショットブラスト痕を画像処理で除去し、欠陥を検出

◎搬送一体化の検査装置:ワーク投入 ⇒ 検査 ⇒ ワーク排出まで一元化


回転対象部品自動外観検査装置Lulimo(ルリモ)C

◎All Angle Multi Shotにより冷間領域の微細欠陥を7秒台で検出

◎搬送一体化の検査装置:ワーク投入 ⇒ 検査 ⇒ ワーク排出まで一元化

◎潤滑剤の表面ムラ・ボンデ痕を画像処理で除去し、過検出を抑制

◎冷間鍛造部品向け

◎回転対象部品向け




■モジュール/製品のスペック


Lulimo(ルリモ)H

対象欠陥サイズ:深さ0.3㎜ 幅0.5㎜以上

対象部品サイズ:W150mm xD200mm xH150mm 重量3㎏以下

検査速度:5秒台/1個 (条件により変わります)

対象ワーク:鋳造、鍛造部品等


Lulimo(ルリモ)C

対象欠陥サイズ:深さ0.02㎜(実績値) 幅0.2㎜以上

対象部品サイズ:(円形形状)φ30㎜~200㎜ 長さ250㎜以下 重さ8㎏以下

検査速度:7秒台/1個 (条件により変わります)

対象ワーク:冷間鍛造部品、金属加工品(条件による)


■解決・導入実績
 約20台以上


その目視検査の自動化、あきらめていませんか?

当社では、自動車部品向け鍛造品、鋳造品の自動化以外にも、新たな検査課題への取り組みを進めています。自動化検討のご担当の方はぜひご相談ください。


※製品仕様は予告なく変更される場合があります。

詳細は https://www.lulimo.com/

株式会社 SCREENホールディングス 

検査・計測事業室 営業課

〒612-8486 京都市伏見区羽束師古川町322 

TEL : 075-931-7818