技術詳細

缶の巻締検査用 缶用シームカット機 卓上で使える小型設計の装置で、アルミ/スチール両対応

株式会社ピーエムティー
農林水産、食品・飲料
公開日
2020/10/14
最終更新日
2020/10/14

PV

28

興味あり

0

質問

0

詳細説明

■装置概要
缶蓋の巻締品質を検査するため、
蓋部の 3 ヶ所を同時にカットする装置です。
投入時はワンタッチロック機構付きの固定板で缶を固定し、
保持したままカット部への送り~カット~排出を自動で行うため、
人為的ミスによるロスを削減することができます。

■手軽さと機能性を追求
材質選択スイッチひとつでアルミ缶・スチール缶それぞれに
適切な送り速度・回転数に切り替わるため、
材質ごとにツールを交換する必要はありません。
切断刃には、金属の高速切断に適したハイス鋼を採用。
切断後の切粉も装置下部の切粉受け BOX から簡単に廃棄でき、
制御部は装置背面の防塵キャビネットに内蔵されるため、
切粉の侵入も防止できます。

【仕様】

寸法:W400×D600×H525(mm)
重量:約80Kg(内臓制御部含む)
電源:単相AC100V±10% 50/60Hz

アルミ・スチール両対応。
対応缶
211缶(φ60mm):500ml,350ml,330ml,250ml
202缶(φ53mm):250ml,200ml,190ml
缶口径
206径(Φ64.7mm)、204径(Φ62.3mm)、
200径(Φ59.1mm)全てに対応

※φ66以下のものはアタッチメント(別途有償)の取り付けが必要です。
※φ66を超えるサイズのものは非対応です。