技術詳細

株式会社北陸濾化

株式会社北陸濾化

所在地

鯖江市丸山町2-4-7

ホームページ

http://www.horokurin.co.jp

微細なバリを除去するケミカル処理剤

株式会社北陸濾化
用途
金属表面の微細なバリ除去
解決できる課題
微細なバリが一度に処理できる
金属製造・金属製品製造
化学
医療・バイオ
公開日
2020/10/16
最終更新日
2020/10/16

PV

20

興味あり

0

質問

0

詳細説明

ホロクリンを使った処理前、処理後の比較写真ホロクリンを使った処理前、処理後の比較写真

加工時に発生した酸化被膜や微細なバリを選択的に除去する化学処理剤

従来の物理手法に代わるウエットエッチング法


1)これまでの課題

・バリ除去剤ホロクリンは金属切削加工時に発生する微細なバリやカッターマークなどを処理剤に浸漬するだけで、処理が完了。手の届かない細かい場所、複雑な形状でも均一な処理が可能。


2)技術の特長

・微細なバリだけに反応する処理液組成にすることで、平坦な部分やエッジ部分には影響がない。

 また、処理時間の調整で粗面化処理も可能。

・常温で使用でき、危険物及び毒劇物に該当しない安全な処理剤。


3)ホロクリンよる効果

・処理剤に浸漬するだけなので、一度に大量の基材を処理することが出来、加工時間の短縮、品質の安定化が実現。


4)用途先

 金属加工時に発生した微細なバリ、酸化被膜、不純元素などの除去

金属表面の平滑化、シャープエッジの品質向上、R付け

(医療機器部品、歯科部品、電鋳品、電子部品など)


5)導入実績

 医療機器→体内へ留置する医療機器に採用され、バリ、不純元素を取り除くことで、金属への炎症や免疫反応を防ぐ効果があり。同時に生体機能性が向上し吸収性が良くなる。

 民生品→刃加工時に発生した極小バリを除去することで、切れ味の良さと、安定性を実現。

 


6)公開情報

 公開番号2005-126807『鉄を主成分とする合金の化学研磨剤及びこれを用いた鉄を主成分とする合金の表面処理方法』

その他国内6件 、海外3件