技術詳細

大塚テクノ株式会社

大塚テクノ株式会社

所在地

徳島県鳴門市瀬戸町明神字板屋島120-1

ホームページ

https://www.otsuka-techno.co.jp/

過熱保護部品「超小型サーマルプロテクター」

大塚テクノ株式会社
用途
リチウムイオン二次電池
解決できる課題
過熱保護、過電流保護、過熱検知
電子部品、モジュール
公開日
2020/06/17
最終更新日
2021/04/28

PV

6.187K

興味あり

0

質問

0

詳細説明

【大塚テクノ】Breaker サーマルプロテクタ【大塚テクノ】Breaker サーマルプロテクタ ノートPC

 

★TOPICS★

 リンカーズ様「TechMesse Blog」に、当社Webインタビュー記事を

 掲載頂きました。

 【大塚テクノ株式会社様

  ~リアルとバーチャルの展示会・自社サイトに加えて「TechMesse」を活用】

  前半:https://corp.linkers.net/blog/tech/2085/

  後半:https://corp.linkers.net/blog/tech/2114/

  

 

■技術の特長

・当社のサーマルプロテクター/Thermal Protectorは、

 異常過熱を防止する回路保護部品です。

・熱を感知するという機能に加え、

 異常時にのみ電流を遮断する機能を併せ持っております。

 よって、通常使用時には電流ロスが無いものの、異常時には確実に電流を遮断します。

・特に、リチウムイオン二次電池向けにご採用頂いております。

・最近では各種半導体技術によるデジタル制御部品も多く見られますが、

 当社製品の様にアナログで確実に実際の熱を検知して動く部品も必要とされます。

・精密プラスチック成形技術と、精密プレス技術の融合により、

 長さ約5mm、厚み約1mmという超小型サイズを実現しております。

・市場ニーズに合わせ、更なる小型化の検討や、

 大きな通電容量に対応した製品開発にも挑戦中です。

 

■製品スペック例

・本体サイズ: L5.8 × W3.7 × t1.05 mm(端子部除く)

・動作温度: 72℃~90℃ ±5℃

・抵抗値: 2~5mΩ

・接点定格: DC9V/12A 6,000回

  ※多品種をラインナップしており、品種毎にスペックは異なります。

 

■解決・導入実績

・多くのリチウムイオン二次電池メーカー様にご採用頂いております。

・皆様がお使いのノートPCやタブレット端末にも、

 当社のサーマルプロテクターが搭載されているかもしれません。

 

■当社よりメッセージ

・今後、過熱保護を必要とする様々なアプリケーションへの展開を予定しております。

・「こんな過熱保護をしたい!」「こういった熱検知は出来ないか?」と言った

 ニーズをぜひお聞かせください。

・また、現行製品の詳細製品スペックやサンプルをご希望の場合も、

 お気軽にご連絡ください。

 

■公開情報

・特許

 国内外多数出願・保有

 

・雑誌

 コンバーテック2020年4月号

 『コンバーティングテクノロジー総合展2020& 同時開催展 REPORT』に、

 取材記事が掲載されました。

  https://www.ctiweb.co.jp/store/46_324.html

  

・オンライン展示会

 「IPF Japan 2020 Virtual 」に出展致します。

  会期: 2020年11月18日(水)10:00 ~ 11月20日(金)18:00

  継続展示: 会期終了後 ~ 2021年5月21日(金)24:00

  https://www.ipfjapan.jp/2020/search/?id=518

 

・業界紙

 「エンプラニュース」2020年10月号に当社記事が掲載されました。

  https://plasticnews.themedia.jp/posts/11245254

 

・その他

 「経済産業省認定グローバルニッチトップ企業」に選定されました。

  https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/gnt100/index.html