技術詳細

日東金属工業株式会社

日東金属工業株式会社

所在地

埼玉県八潮市二丁目358

ホームページ

https://www.nitto-kinzoku.jp/

火傷・結露対策まで!内容物を保温・保冷できる断熱槽付きジャケット容器

日東金属工業株式会社
用途
液体の保温・保冷
解決できる課題
周辺温度の影響を受けない液体の保温・保冷
用途
液体の保温・保冷
解決できる課題
容器に触れることによる作業者の火傷
用途
撹拌・排出工程
解決できる課題
内槽を鏡板型にしたことによる、効率の良い撹拌・排出
用途/解決できる課題 (+2)
機械部品、機械
公開日
2020/11/14
最終更新日
2020/11/14

PV

30

興味あり

0

質問

0

詳細説明

DT-ST-TJJ-LDT-CTL-TJJ-Lメリット構造イメージ排出口バルブ装着例

グラスウールの断熱槽で、保温・保冷効果を向上させたジャケット容器


1)作業者にも安全で、効率よく保温・保冷できる容器にしませんか?

容器の外側に設けたジャケット部に温水や冷水を流し、内容物を保温・保冷できるジャケット容器。
しかし、通常のジャケット容器の場合、ジャケットの外側は外気なので室温の影響を受けてしまったり、作業者が熱いジャケットの表面に触れてしまい、火傷をしてしまう危険がありました(ジャケットに熱水を通した場合)。

  • 外部環境の影響を避け、保温・保冷効果を高めたい

  • 周辺温度への影響を抑えたい

  • 作業者が容器の表面に触れても火傷をしないようにしたい(加温時)

  • 容器の表面にできる結露を防ぎたい(冷却時)

このようなときにおすすめなのが、断熱槽付きのジャケット容器です。



2)断熱槽付きジャケット容器の特長

保温・保冷効果が高く、作業者のリスクも低減するステンレス容器

  • 内槽の外側に取り付けられた「ジャケット」に水を流すことで、内容物を保温・保冷できるジャケット容器です。

  • この製品はジャケットの外側にさらに「断熱槽」を取り付け、保温・保冷効果を高めたモデルです。断熱槽にはグラスウールが閉じ込められています。

  • 断熱槽は保温・保冷効果を高めるだけでなく、作業者の火傷を防いだり、容器表面の結露防止にも役立ちます。また、外気の影響を受けないと同時に、外気の温度に影響を与えません。

  • ジャケット部のみ、0~0.18MPaの耐圧構造になっています。

  • 内槽は鏡板形状になっており、液体を効率よく撹拌できます。排出もスムーズです。


3)この製品を使うことによる効果・メリット

効率的な内容物の保温・保冷

○通常のジャケット容器と異なり、ジャケット部自体の保温・保冷効果も高めているので、効率よく保温・保冷できます。
○ジャケット内の温度の上下を小さくすることで、保温・保冷コストも低減します。

作業者の火傷防止・負担軽減

○熱水が通るジャケットの周りにさらに槽を設けているので、ジャケットに触れることによる作業者の火傷を防止します。
○ジャケットに冷水を通しても、容器の表面が結露し、水が垂れることはありません。作業者が都度結露を拭いたりする手間が省けます。
○床に垂れた水に起因する作業者の転倒事故防止にも繋がります。

貯蔵・撹拌・排出までを効率よく

○内槽は底がお椀のような形状をした鏡板型。液体の撹拌効率に優れた形状です。
○容器底からの排出性能にも長けています。
○保温・保冷性能の高さに加え、撹拌・排出性能に適した形状をしているので、貯蔵~排出までの全工程を効率よくおこなえます。


4)スペック

型式・製品名:【DT-●●-TJJ-L】鏡板型耐圧ジャケット容器 断熱槽・脚付
※●●…かぶせ蓋の場合にはST、バンド式蓋(簡易密閉)の場合にはCTLが入ります

  • 容器本体・ジャケット…SUS304

  • 蓋・脚・取っ手…SUS304

  • キャスター… SUS+ウレタン車(内ストッパー付2 個)

  • ジャケット部ノズル…1S ヘルール

  • 断熱材材質…グラスウール

  • 表面処理…内外面バフ研磨

  • 使用条件

    • 本体(内槽):大気圧(加減圧不可)

    • 本体使用温度:内容液沸点未満

    • ジャケット(外槽):0~0.18MPa(30~36サイズ)/0~0.16MPa(39~47Hサイズ)

    • ジャケット使用温度:冷水~温水

  • 耐圧検査書付

  • 容量…20L、25L、35L、45L、60L、80L、100L

【以下はCTLにのみ付属】

  • レバーバンド…SUS304

  • パッキン… シリコンゴム(食品衛生法適合品)

※加熱時や冷却時は必ず蓋を開放した状態でご使用ください。