技術詳細

超音波システム研究所

所在地

八王子市明神町2丁目25-3 SOHOプラザ京王八王子 303

ホームページ

http://ultrasonic-labo.com/

超音波とファインバブルによる表面改質技術

超音波システム研究所
用途
金属、樹脂部品の表面改質
解決できる課題
表面残留応力の緩和(疲労強度の向上)
金属製造・金属製品製造
公開日
2020/06/20
最終更新日
2020/10/16

PV

535

興味あり

0

質問

0

詳細説明

■技術の特長
 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術

 *間接容器の利用に関する「弾性波動」の応用技術

 *振動子の固定方法による「定在波の制御」技術

 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術

 *液循環に関する「ダイナミックシステム」の統計処理技術

 *超音波の「非線形現象に関する」制御技術

 *超音波とファインバブルによる「超音波制御」技術

 *超音波の「音圧測定・解析」技術に基づいた発振制御技術

 *オリジナル超音波発振プローブの製造技術

 *超音波水槽・振動子の設計技術

 *超音波システムの開発技術

 *音響特性を評価する技術

■モジュール/製品のスペック
 *脱気ファインバブル発生液循環システム

 *超音波の音圧測定解析システム

 *メガヘルツの超音波発振制御プローブ

 *超音波技術に関するコンサルティング

超音波とマイクロバブルによる表面残留応力の緩和処理技術

超音波による表面改質技術

http://ultrasonic-labo.com/?p=9285

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術

http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍

http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術を開発

http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

■解決・導入実績
2009.05 CNTの分散装置・・・産業技術総合研究所
2009.08 超音波システム装置・・・新日本製鐡株式会社
2010.02 超音波システム装置・・・株式会社****
2010.03 超音波システム装置・・・株式会社****

・・・・・
2011.06 超音波システム装置・・・****株式会社
2011.09 超音波システム装置・・・株式会社****

2012,2013、・・・・

超音波システム研究所は、

超音波伝搬状態のコントロール技術を応用した、

各種の超音波利用に関する特許を出願しています。

この技術の技術提供・ライセンス契約・・・対応します。

興味のある方は、メールでお問い合わせください。

1:【発明の名称】超音波発振制御

【特許出願人】

【氏名又は名称】 斉木 和幸

【要約】

【課題】超音波利用について、

 超音波の伝搬周波数の範囲と、

 測定解析の周波数範囲を広げることで、

 目的に合わせた超音波伝搬現象を効率よく

 効果的に実現できるようにすること。

 出願:2020.2

2:【発明の名称】超音波溶接

【特許出願人】

【氏名又は名称】 冨士高圧フレキシブルホース株式会社

【氏名又は名称】 斉木 和幸

【要約】

【課題】溶接時・溶接部の温度管理が難しく、

 溶接後、表面残留応力のバラツキが大きいため、

 強度(特に、金属疲労強度)の低下・割れ・・が発生する。

 出願:2020.3

冨士高圧フレキシブルホース株式会社

〒743-0063 山口県光市島田六丁目2番20号

http://www.fujikoatsu.co.jp

3:【発明の名称】超音波めっき

【特許出願人】

【氏名又は名称】 日本バレル工業株式会社

【氏名又は名称】 斉木 和幸

【要約】

【課題】めっき処理の化学反応は制御が難しく、

 大量にめっき処理を行うと、めっき後、

 めっき厚さ・光沢・硬度・成分・・のバラツキが大きいため、

 強度(特に、金属疲労強度)の低下、変色、・・が発生する。

 出願:2020.4

日本バレル工業株式会社

〒734-0022 広島市南区東雲1丁目2-7

http://www.n-bareru.co.jp/

4:【発明の名称】超音波加工

【特許出願人】

【氏名又は名称】 斉木 和幸

【要約】

【課題】機械加工時・加工部(刃物・加工油・加工表面)の

 各種管理が難しく、加工後、加工表面残留応力のバラツキにより、

 精度、強度(特に、金属疲労強度)の低下・割れ・・が発生する。

 出願:2020.4

5:【発明の名称】流水式超音波洗浄機

【特許出願人】

【氏名又は名称】 株式会社サンテック

【氏名又は名称】 斉木 和幸

【要約】

【課題】超音波洗浄機利用について、

 超音波洗浄効果の主要因である音響流を測定解析評価することで、

 洗浄目的に合わせてコントロールすること。

 出願:2020.5

株式会社サンテック

〒277-0871 千葉県柏市若柴91-7

http://www.san-tec.jp

6:【発明の名称】超音波処理装置及び超音波処理方法

【特許出願人】

【氏名又は名称】 冨士高圧フレキシブルホース株式会社

【氏名又は名称】 斉木 和幸

【要約】

【課題】超音波の発振により、被処理液中の物質を分散させたり、

 使用済みの洗浄液等に含まれる油等の汚れを分解したりすることが

 簡単にできる超音波処理装置を提供することにある。

 出願:2020.5

冨士高圧フレキシブルホース株式会社

〒743-0063 山口県光市島田六丁目2番20号

http://www.fujikoatsu.co.jp

■取引条件
月末締め、翌月支払い

参考

超音波とファインバブルによる、表面処理(改質)技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/0bc58389167a708b3cf68971e4b7047b.pdf

脱気ファインバブル発生液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/581ee1643264a31d011434361a0e99bf.pdf

メガヘルツの超音波発振制御プローブを利用した実験動画
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/202589aebc71d44adfc97ee9255ae430.pdf

ファインバブルを利用した超音波洗浄機

http://ultrasonic-labo.com/?p=11902