技術詳細

大塚テクノ株式会社

大塚テクノ株式会社

所在地

鳴門市瀬戸町明神字板屋島120-1

ホームページ

https://www.otsuka-techno.co.jp/

スーパーエンジニアリングプラスチック製品 設計・成形技術

大塚テクノ株式会社
用途
プラスチックで金属代替
解決できる課題
導電性重視、耐薬品性重視などニーズに合わせた原料設計
非金属製造・加工
公開日
2020/11/30
最終更新日
2021/01/04

PV

79

興味あり

0

質問

0

詳細説明

原料設計導電性を重視した製品オーバーモールド技術

★TOPICS★

 リンカーズ様「TechMesse Blog」に、当社Webインタビュー記事を掲載頂きました。

 【大塚テクノ株式会社様

  ~リアルとバーチャルの展示会・自社サイトに加えて「TechMesse」を活用】

  前半:https://corp.linkers.net/blog/tech/2085/

  後半:https://corp.linkers.net/blog/tech/2114/

 

【概要】

・耐熱性、耐薬品性、導電性、耐久性、耐摩耗性に優れた

 ハイパフォーマンスプラスチックを用いた製品の製造技術を確立しています。

・お客様のニーズに合わせ、機能原料の設計から成形、検査まで

 一貫したサービスをご提供致します。

 

【事例】

・機能原料設計のご提案

 耐熱性、耐薬品性、導電性、耐久性、耐摩耗性から、

 バランスを考慮して原料設計を致します。

 

【使用例】

■導電性を重視した製品

・プラスチックは電気を通さない絶縁体であることがほとんどで、

 静電気を溜めこんでしまう傾向があります。

・また、収縮度が⼤きく、プラスチック成形後の⼨法を

 合わせることが難しいものでもあります。

・そのため、電気部品などの精密製品に関係する冶具、

 部品は導電性の⾼い⾦属が利⽤されていました。

・当社では電気的特性、収縮度などを考慮した⾼機能材料を

 ⽤いることにより、導電性、⼨法精度が⾼く、⾦属の代替となる

 様々な形状のプラスチック製品を成形しています。

 

 

■オーバーモールド技術による内容物を保護する製品

・電⼦基板などを樹脂で覆い、外部の衝撃から内容物を保護する

 オーバーモールド技術を展開しています。

・防⽔性、耐環境特性に優れたオーバーモールド技術を応⽤し、

 お客様の様々な要望にお応えします。