技術詳細

一般財団法人カケンテストセンター

一般財団法人カケンテストセンター

所在地

大阪市西区江戸堀2-5-19

ホームページ

https://www.kaken.or.jp/

繊維製品の有害物質分析

一般財団法人カケンテストセンター
用途
繊維製品の有害物質分析
解決できる課題
海外展開の際の有害物質管理 国内試験による技術サービス
各種技術サービス、学術・研究
公開日
2020/12/04
最終更新日
2021/03/29

PV

152

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要:繊維製品についてGCMS等分析機器を用いて有害物質の分析ができる技術


■技術の特長

・繊維製品に関する有害物質の規制は、各国の法律や納入先の化学物質管理基準により対象となる物質が年々増えております。

・それら多数の有害物質を分析するために、ガスクロマトグラフー質量分析計(GCMS)、液体クロマトグラフ-質量分析計(LCMS)、ICP-MSなどの分析装置と、技術担当者を備えております。


■技術適用による効果

・海外ではRSL(制限物質リスト)を持つことは常識と考えられており、その考えは世界のスタンダードとなっています。国内市場から販路を求めて海外展開を加速される方のお手伝いをすることができます。


■キーワード

SDGs,ZDHC, REACH規則, SVHC, ROHS指令, POPs条約, CPSIA, RSL, CMR,AP/APEO,有機スズ化合物,フタル酸エステル類,六価クロム,特定芳香族アミン,アレルギー性分散染料,発がん性染料,PFCs,COCs,OPP,SCCP/MCCP,PAHs,DMFu,キノリン,塩素化フェノール

 


■ホームページリンク

https://www.kaken.or.jp/lp/1/