技術詳細

大塚テクノ株式会社

大塚テクノ株式会社

所在地

鳴門市瀬戸町明神字板屋島120-1

ホームページ

https://www.otsuka-techno.co.jp/

水冷インフレ多層フィルム (開発品)

大塚テクノ株式会社
用途
細胞培養、細胞凍結保存、食品保存
解決できる課題
顧客ニーズに合わせた製品設計
非金属製造・加工
公開日
2021/01/12
最終更新日
2021/01/19

PV

41

興味あり

0

質問

0

詳細説明

輸液用バッグフィルムフィルム 層構成処方例

★TOPICS★

 リンカーズ様「TechMesse Blog」に、

 当社及び本技術のWebインタビュー記事を掲載頂きました。

  【大塚テクノ株式会社様

   ~リアルとバーチャルの展示会・自社サイトに加えて「TechMesse」を活用】

  前半:https://corp.linkers.net/blog/tech/2085/

  後半:https://corp.linkers.net/blog/tech/2114/

 

 

<概要>

・当社では、メディカル用フィルムとして、

 輸液用バッグフィルムの製造実績がございます。

・水冷インフレーション成形法による共押出多層フィルムを採用し、

 クリーンルーム内で高品質な製品を安定供給しております。

・その技術を応用し、下記の開発を進めております。

・顧客ニーズに合わせた製品設計が可能となっておりますので、まずはご相談下さい。

 

 

<開発品>

■マルチバリアフィルム

*特徴

・高い透明性

・酸素、水蒸気などのバリア設計

・必要に応じた各種耐性への対応

 

*用途

・細胞培養、細胞凍結保存

・食品保存(深絞り、B.I.Bなど)

 

 

■発泡フィルム

*特徴

・プラスチック使用量の削減

・発泡による特性向上(緩衝性、断熱性、保温性、通気性など)

・材質展開(ポリオレフィン系をはじめ、機能性原料の使用も可能)

 

*用途

・食品包装(食品トレイ、パッケージ)