技術詳細

有限会社 飯田製作所

所在地

横浜市泉区上飯田町823番地

ホームページ

http://iidaf.co.jp/

水中内・海水内使用ベアリング 

有限会社 飯田製作所
機械部品、機械
公開日
2020/12/23
最終更新日
2021/04/13

PV

705

興味あり

0

質問

0

詳細説明

内径Φ10~Φ30までのラインアップ
透明部分は内部確認用アクリル製で提供は不透明PTFE

概要:フッ素樹脂ベアリングにより比較的高加重でも耐久性が担保できる製品他社製の

   樹脂ベアリングは金属球、ジルコニア球、セラミック球などの球を使用しているが、

   弊社ベアリングはコロ又はテーパコロを使用しているため、耐荷重が増せます。

   内径Φ30ー外径Φ60 幅35mmのフッ素樹脂製テスト用ベアリングでの

   水中連続回転テスト 8kg加重 800r.p.m 環境下で8000h以上の耐久性を確認



1)ノングリス・ノンオイル環境下で錆・スタックの無い回転

・【目的】水中・海水での油脂汚染の払しょくを実現しつつ比較的高加重下でも連続回転を実現

    できるフッ素樹脂ベアリングの提供できます。高加重を支えるコロベアリングです。


2)製品・装置の特長

・【フッ素樹脂ベアリング】は【耐薬品性や耐熱温度:-50°~200°、絶縁性といった特長】  により、【厳しい環境下での使用が】が可能。さび付き、スタックのリスクが非常に少ない





3)製品・装置使用による効果

・ PTFE、フィラー入りPTFE、PEEKなど高付加価値、高耐薬品性によりメンテナンス費用や

 交換時期の大幅延長の負荷が削減できる。



4)スペック

 素材の概要:PTFE、フィラー入りPTFE、PEEK、PFA等

 スペック・機能の概要:

 形状の概要(外形上の特徴):オリジナル形状(内径Φ10~Φ30)

 重さ:金属性ベアリングの1/5~1/8程度

 使用環境:ー50°~200°

 コスト:算定中

 製品寿命:Φ30については8Kg加重、800r.p.m、にて8000H以上

 その他:



5)解決・導入実績と見込み

 解決実績:小型風力発電の主軸テストで微風からの自己回転実施(屋外テスト時)

  

 今後導入を見込んでいる業界:【海中使用:船舶、各種回転要求観測機器】

               【半導体製造装置】

               【各種プラント】腐食性ガス環境、各種薬品飛散環境



6)公開情報

・特許【6379079】

・その他(減風装置研究会)