技術詳細

株式会社 野田スクリーン

株式会社 野田スクリーン

所在地

小牧市大字本庄字大坪415番地

ホームページ

https://www.nodascreen.co.jp/

試作品・少量産品を対象としたコーティング加工サービス

株式会社 野田スクリーン
用途
フッ素コーティング塗剤の塗布工程の受託
解決できる課題
プロセス設計、設備投資などの費用が削減できます。
各種技術サービス、学術・研究
公開日
2020/12/28
最終更新日
2021/04/21

PV

237

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要

弊社製品(フッ素コンフォーマルコーティング剤)を用いた試作品・少量産品を対象としたコーティング加工サービスを提供しています。


弊社製品(フッ素コンフォーマルコーティング剤)とは

弊社オリジナルのフッ素ポリマーを安全・乾燥性に優れる不燃性のフッ素溶剤に溶解させた、常温速乾の電子基板・電子部品向け高機能フッ素コーティング剤です。

WOPシリーズ(標準タイプ) 柔軟性・透明性・密着性に優れ、さらに高膜厚化が可能

PCHシリーズ(耐硫化タイプ) 耐硫化性・透明性に優れたフッ素コーティング剤

INTシリーズ(薄膜タイプ) 極薄サブミクロンオーダーで、優れた撥水・撥油性及び耐薬品性を示す


サービスによる効果

試作品、少量生産用に設備投資、プロセス設計・加工部門を新たに設置する必要がなくなります。


導入実績

大手自動車部品メーカ B社様(開発部門):信頼性評価用基板へのコーティング(WOP-019)

信頼性評価用基板(30~100枚)に一定膜厚で塗布する必要がありましたが、社内に塗布装置がありませんでした。弊社にてコーティング実施後、新規開発品については都度、ご利用いただいております。

 

・大手LCDメーカ A社様(中国工場):特殊機種へのコーティング(PCH-029)

生産工場は中国でしたがフッ素コーティング剤の取り扱いの経験が無く少量(400~600枚/lot)のため社内塗布装置の導入もできませんでした。中国から製品をご送付いただき対応いたしました。


塗布方法

ディスペンサー、ディッピング、筆・刷毛、スプレー缶など。

ディスペンサーはフィルムコーター、ジェットディスペンサー、ニードルディスペンサーがあります。


詳細についてはホームページよりお問合せ下さい。

https://www.nodascreen.co.jp/product/service.html