技術詳細

株式会社ビー・アンド・プラス

株式会社ビー・アンド・プラス

所在地

比企郡小川町高谷2452-5

ホームページ

https://www.b-plus-kk.jp/index.html

大容量【1KW】ワイヤレス充電システム

株式会社ビー・アンド・プラス
電子部品、モジュール
公開日
2021/01/22
最終更新日
2021/06/04

PV

231

興味あり

0

質問

0

詳細説明

1KWワイヤレス充電導入実績

概要:ワイヤレス充電【1KW】24・48V (鉛・リチウムバッテリー)

 



これまでの課題

  AGVのバッテリー 日々交換していませんか??

1日使ったAGVのバッテリーを 前日充電していたバッテリーと手動交換していませんか?

もしワイヤレス充電を導入すると メリットは・・・。

・バッテリー交換の手間が不要

・バッテリー充電によるロスタイム削減

・バッテリー寿命を改善

・交換による安全性向上

・予備品コストや作業費用のコスト削減

などのがメリットになります。

https://www.b-plus-kk.jp/agv_new.html


製品・装置の特長

・総合効率80%以上、最大1kW(充電コントローラ出力端)出力

・自動で充電開始及び機器状態をLED表示。満充電自動停止、再充電も自動です。

・充電方式は、バッテリー充電に理想的な定電流・定電圧(CC・CV)方式を採用

・充電電圧及び充電電流の設定が容易

・充電完了後も再充電機能(電圧検出)により確実に充電

・外部入出力信号により外部より状態監視及び制御

・タイマー機能(CVモードを検出し、終端タイマーを起動)

・バッテリー温度監視機能(温度センサー取付により設定可能)




バッテリー交換が不要になる可能性がある。

バッテリーを充電している間でも AGVを止めておくわけにはいきません。

そのため、バッテリー交換を行う場合 予備のバッテリーを2倍もしくは1.5倍の個数を用意して循環して使用している場合をよく見ます。

さらに、バッテリーを充電するために複数の充電器を購入し用意しておく必要があり、コストが
かさんで発生しています。バッテリー交換を繰り返していると劣化も進みますので、バッテリー購入頻度が上がって しまいコストがかかるほか、

誤ってコネクタの破損もおこることを耳にします。
結果としてメンテナンスコストがかかることから、全体的なランニングコストは高くなるといえます。
ワイヤレス充電はチョコチョコ充電での運用のため、予備品や交換作業が不要でランニングコストを抑制することができる経済的な製品といえます。

また、予備のバッテリーを置くためのスペースや充電するスペースなども不要になり、
工場内のスペースが有効活用できるようになります。
他には、余裕をもって大きなバッテリーを搭載し、重量が重くスペースを取る必要なく、ワイヤレス充電を導入しバッテリーサイズを30%小さくしてバッテリーコストを削減でき、重量を軽くして省スペース化につながった事例があります。

解決・導入実績と見込み

 解決実績:

   AGVメーカー 

   AGVを既に使用しているユーザー(自動車製造・部品各メーカー)  

  

 今後導入を見込んでいる業界:【業界・分野】

    物流関連・食品・半導体設備搬送ライン

詳しく知りたいならば 

https://www.b-plus-kk.jp/agv_new.html

動画で詳しく紹介 ユーザー実績動画もあります。

https://www.b-plus-kk.jp/agv_new/agv_new_5.html