技術詳細

株式会社 日本成工

株式会社 日本成工

所在地

射水市布目沢710-5

ホームページ

http://www.nipon-seiko.co.jp/index.html

小ロット多品種生産に最適なプラスチック成形【真空成形・圧空成形】

株式会社 日本成工
非金属製造・加工
公開日
2021/03/25
最終更新日
2021/03/25

PV

46

興味あり

0

質問

0

詳細説明

概要:真空成形・圧空成形は小ロット多品種向けに最適なプラスチック成形法です。

   熱可塑性のプラスチック板を加熱軟化させ、柔らかくなったプラスチック板と

   成形型の間を真空状態にして、密着させる事で賦形させる手法となります。

     

      医療機器外装や車両内外装、建材など、様々な分野で

            弊社のプラスチック真空・圧空成形品が採用されています。



【真空成形・圧空成形の特長】

①小ロット多品種生産が可能

 ⇒型費が安価で少ロット多品種生産向きです。短納期製作も対応可能です。

②大型成形品や深絞り成形品にも対応可能

 ⇒大型サイズの成形や深絞り成形への対応が可能です。

  特に広面積での薄肉成形品に適しています。

③型の材質選択が可能

 ⇒試作では木型や樹脂型を、量産型では樹脂型やアルミ型を、

        生産数量に合わせて 選択が可能です。

④表面加飾性に高い自由度

 ⇒成形品の色や表面柄は、材料のプラスチック板が持つ色やシボ柄等を

  そのまま活かせます。

  また、塗装やメッキ等、後加工での表面処理も可能です。

⑤アンダーカット形状も成形可能(仕様詳細は別途ご相談下さい。)

⑥射出成形に近いシャープな表面形状が得られ、文字やシボ模様も成形可能(圧空成形)


【Q&A】

①成形可能サイズは?

 ⇒成形機のテーブルサイズで最大1500㎜×2500㎜×640㎜です。

  製品サイズは製品高さにより変化しますが、高さ300㎜のカバーでは

  最大寸法1200㎜×2200㎜程度が目安となります。

②成形可能な材質は?

 ⇒ABS、HIPS、PET、ポリカーボネート、アクリル、塩ビ系樹脂、

  オレフィン系樹脂などが一般的です。

③製作ロットは?

 ⇒10個程度から2000個程度実績がございます。

  試作の場合は1~2個での製作も行っております。

④色調は?

 ⇒規格色からお選び頂くか、ご指定の色調を調色する事も可能です。

  塗装等の対応も可能です。

⑤初品納入までの期間は?

 ⇒試作で約2~3週間、

  量産で1~2ヵ月程度が目安となります。