技術詳細

旭化成株式会社 ベンベルグ事業部

旭化成株式会社 ベンベルグ事業部

所在地

大阪市北区中之島三丁目3番23号 中之島ダイビル

ホームページ

https://www.asahi-kasei.com/jp/

サステナブルな吸液密着シート

旭化成株式会社 ベンベルグ事業部
非金属製造・加工
農林水産、食品・飲料
医療・バイオ
公開日
2021/04/02
最終更新日
2021/04/15

PV

57

興味あり

0

質問

0

詳細説明

1)連続長繊維不織布 「ベンリーゼ®」

旭化成では、1974年より、世界で唯一、セルロース100%のキュプラ繊維からなる連続長繊維不織布 「ベンリーゼ®」を生産・販売しています。ベンリーゼ®は、本来なら使用されないコットンリンター(種子の周りの短い繊維)を原料としており、生分解性を有したサステナブルな素材です。 ベンリーゼ®は、生分解性以外にも、下記の様な特長を有しており、様々な分野で使用されています。

その主な特長は以下の通りです。

★生分解性がある

★ピュアリティーが高い

★密着性が高い

・吸液性が高い

・発塵性が低い(リントフリー)

・拭取り性が高い

・耐熱性が高い

・耐溶剤性が高い

・静電気の発生が少ない

・生分解性がある

この中から特に重要な特長(★)をご紹介いたします。


2)特長

①生分解性に優れている

セルロース100%からなるベンリーゼ®は、コンポスト環境や土壌環境など、様々な条件下で生分解します。 国際認証であるOK biodegradable 認証(OK compost INDUSTRIAL、OK compost HOME、OK biodegradable SOIL)を取得しています。

.

.

②湿潤時の優れた密着性

ベンリーゼ®は水分を含むと非常に柔らかくなり、凹凸に沿って、対象物にぴったりと密着します。

右図:湿潤状態の不織布をリンゴに貼り付け持ち上げ試験を実施

.

.

.

.

③ピュアリティーが高い

ベンリーゼ®はバインダーを使用せず、繊維の自己接着力を利用しシートを形成しており、不純物の溶出が極めて少なくなっています。.

.

.

.

.


3)用途例

①スキンケア分野

ベンリーゼ®は、密着性や吸液性、ピュアリティーの高さといった特長を活かし、フェイスマスクをはじめとしたスキンケア分野の製品に最適な素材です。

(例)フェイスマスク、パフなど

.

.

②メディカル分野

感染症に対する意識が非常に高まっている近年、ベンリーゼ®は、ピュアリティーが高い、拭取り性が高い、発塵性が低いといった特長を活かし、 医療用ガーゼをはじめ、ウェットワイパー等医療現場で広く使用されています。

(例)医療用ガーゼ、消毒用ウェットワイパー、創傷面被覆材、ボディワイパー、オーラルケア、生理用ナプキン・パンティライナーの表面材

.

③工業用ワイパー分野

ベンリーゼ®は、発塵性が低い、ピュアリティーが高い、吸液性が高い、拭取り性が高い、耐熱性が高い、耐溶剤性が高い、静電気が発生が少ないといった特長を活かし、 クリーンルームワイパー ベンコットRの素材として使用されています。

  • ※ベンコット®の製造発売元は、小津産業株式会社になります。 ベンコット®は、半導体、FPD、コンデンサー、プリント基板、太陽電池、タッチパネル、高機能性フィルムなどのエレクトロニクス業界における様々な工程に使用されています。 ベンコット®の性能については、下記動画にて確認可能です  https://www.youtube.com/watch?v=y-xPrffn7Uc&t=1s

(例)工業・産業用ワイパー、産業用高品質マスク、ロールワイパー、産業用各種資材など

.

④農業資材分野

ベンリーゼ®は、生分解性が高いといった特長を活かし、河川法面保護工事や緑化用資材として、また省力化用農業資材としても活用されています。

(例)植生工事用ネット、播種用シードテープなど

.

⑤家庭用品分野

ベンリーゼ®は、ピュアリティーが高いといった特長を活かし、素材本来の味を引き出すティーバッグにも使用されています。

(例)ティーバッグ

.


4)スペック

繊維組成:キュプラ100%

形態:長繊維不織布

各種物性:下記お問い合わせ先へ、お問い合わせください。代表品番のテクニカルデータシートを提出いたします。

安全性:下記お問い合わせ先へ、お問い合わせください。安全データシートを提出いたします。


5)会社情報(HP)

・ベンリーゼ®:https://www.asahi-kasei.co.jp/bemliese/


6)お問い合わせ

bb5-pt@om.asahi-kasei.co.jp

までお問い合わせください。