技術詳細

日本ゼトック株式会社

所在地

新宿区西新宿1丁目26番2号, 新宿野村ビル12F

ホームページ

https://www.zettoc.co.jp/

水に浮く多孔質体で、容易に回収が可能。油(汚れ)を吸着・除去する 新素材

日本ゼトック株式会社
機械部品、機械
金属製造・金属製品製造
公開日
2021/04/08
最終更新日
2021/04/08

PV

26

興味あり

0

質問

0

詳細説明

クーラント液に生じた油を選択的に除去することにより、クーラント液には影響せず、機械油のみを除去する製品です。


1)これまでの課題

切削効率の悪化、菌の発生により生じる異臭や作業環境の悪化を解決するためには、経時的に生じる汚れた機械油を除去する必要という課題がある。



2)製品・装置の特長

ゼオテクトsuperは当社独自の技術を用いて開発、ゼオライトの表面を疎水化することにより、油(汚れ)を吸着・除去し、水に浮くので容易に回収が可能。

・その他

 汚水の清浄化や有用性物質の分離・回収のほか、不純物質の分離・除去にお使いいただけます。


3)製品・装置使用による効果

ゼオテクトsuperにより浮上油を選択的に除去することにより、切削効率をよくし、菌の発生により生じる異臭や作業環境の悪化が起こらない。



4)スペック

※該当項目のみご記入ください。

 素材の概要:

 スペック・機能の概要:

 形状の概要(外形上の特徴):

 重さ:

 使用環境(温度、湿度、光量など):

 コスト(生産コスト、運用コストなど):

 生産能力(月単位、年単位、歩留など):

 製品寿命:

 技術方式(技術分類の概要):

 その他:



5)解決・導入実績と見込み

 解決実績:【業界・分野】の【解決した課題】

  (例)切削加工での刃先冷却により生産性向上

 今後導入を見込んでいる業界:【業界・分野】

  (例)機械製造(プリント基板実装ライン、プラスチック成型ラインなど)



6)公開情報

・特許【※公開番号をご記載下さい※】

・論文【※掲載雑誌、タイトル、著書、ISBNなどご記載下さい※】

・学会【※学会名称、登壇かポスターのどちらかなどご記載下さい※】

・その他(業界シェア/表彰/メディア掲載/共同研究など)


====

概要:【対象】を【改善内容】することにより、【解決内容】できる技術(または製品)

 (例)局所的な温度上昇が発生する工作機械刃先や加工直後の成型品をスポット冷却することにより、精度や生産性向上に貢献できる製品です。



1)これまでの課題

・【目的】を実現するためには、【課題内容】がある。

(例)加工時の温度上昇による製品誤差を解消するためには、局所的な冷却を行う必要があるが、冷却装置を設置する場所やメンテナンスが必要という課題がある。



2)製品・装置の特長

・【製品・装置名】は【課題解決のための特長】により、【課題解決】が可能。

(例)弊社の冷却装置は、圧縮空気による冷却を行うことで電気を使用しないため、小型かつメンテナンスフリーを実現。


・その他

 ※製品・装置のPRポイントをご記載ください。


3)製品・装置使用による効果

・   【方法を入力】により、【不要となった手順、作業などを入力】が削減できる。

(例)冷却装置で温度上昇による膨張を抑えることにより、チョコ停が削減できる。


・   【方法を入力】により、【可能となることを入力】が可能になる。

(例)圧縮空気の風量調整により、冷却温度の設定が可能になる。



4)スペック

※該当項目のみご記入ください。

 素材の概要:

 スペック・機能の概要:

 形状の概要(外形上の特徴):

 重さ:

 使用環境(温度、湿度、光量など):

 コスト(生産コスト、運用コストなど):

 生産能力(月単位、年単位、歩留など):

 製品寿命:

 技術方式(技術分類の概要):

 その他:



5)解決・導入実績と見込み

 解決実績:【業界・分野】の【解決した課題】

  (例)切削加工での刃先冷却により生産性向上

 今後導入を見込んでいる業界:【業界・分野】

  (例)機械製造(プリント基板実装ライン、プラスチック成型ラインなど)



6)公開情報

・特許【※公開番号をご記載下さい※】

・論文【※掲載雑誌、タイトル、著書、ISBNなどご記載下さい※】

・学会【※学会名称、登壇かポスターのどちらかなどご記載下さい※】

・その他(業界シェア/表彰/メディア掲載/共同研究など)